ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

豚の肺でみられる病気

印刷用ページを表示する掲載日:2012年3月9日更新

SEP肺炎(豚流行性肺炎)

sep1

この肺炎は豚の検査時によく見られます。

通常の肺は明るい桃色をしていますが、この病気にかかると淡紫色に変色し(写真黄色丸部分)、変色した部分の機能は失われます。

そのため、発育の遅延や飼料効率の低下があり、経済的な被害も大きくなります。

この肺炎は、マイコプラズマという病原体が引き起こす慢性の呼吸器病で、感染した豚の咳やくしゃみにより他の豚に感染します。

また、密飼いや換気不良などの飼育環境が感染・発病の誘因になり、一度豚舎に侵入すると清浄化するのはかなり困難ですが、ワクチンによる予防が可能です。

胸膜炎

胸膜性肺炎肺の表面は胸膜と呼ばれる薄い膜でおおわれており、
この胸膜に炎症を起こしたものを胸膜炎と呼びます。

胸膜炎は、細菌やウイルス等の感染症による肺炎や外傷、さらには飼養環境・密飼いなど様々な原因により引き起こされます。

周辺組織の心臓や横隔膜との癒着を引き起こし、廃棄につながることがあります。

写真黄色丸部分は、肺表面の胸膜に繊維素が析出し、横隔膜と癒着しています。


海外向けPR動画についてはここをクリックしてください