ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織からさがす > 危機管理室 > 平成29年度大分県国民保護共同実動訓練の実施について

平成29年度大分県国民保護共同実動訓練の実施について

印刷用ページを表示する掲載日:2017年11月20日更新

平成29年度大分県国民保護共同実動訓練の実施について(お知らせ)

  万が一、外部からの武力攻撃やテロなどが起こったらどうしますか? そのような事態は、考えたくありませんが、今日の国際社会では、外国での大規模集客施設におけるテロ事件、北朝鮮の弾道ミサイルの発射など、私たちを脅かす事態が発生しています。

  そこで、緊急対処事態(テロ事件の発生)における関係機関の初動対処能力の向上を図るため、下記のとおり、国や大分市との共同で国民保護実動訓練を実施します。

  また、本訓練にあわせて、関係機関等による展示を行いますので、県民の皆様が国民保護や防災に対する認識を深めていただく絶好の機会です。特にパークプレイス大分のP1駐車場(オートバイに関しては、センターコート)で予定している防災関連車両の展示では、起震車をはじめ普段目にすることがない特別な車両も展示します。是非、会場の方へお越しください。

  多くの県民の皆様のご参観をお待ちしております。

1.日時

 平成29年11月25日(土曜日)        

   (1)実動訓練(避難訓練を含む。)  09時00分~14時00分  ※実動訓練の参観受付は7時から行います。                                                                

   (2)関係機関等による展示     10時00分~17時00分     ※展示は受付はありません。

      ※(2)は、パークプレイス大分と共催  http://shop.parkplace-oita.com/event/index/1174

                

2.場所

  (1)実動訓練 : 大分銀行ドーム  

  (2)関係機関等による展示:パークプレイス大分(センターコート付近及びP1駐車場)

                    ※大分銀行ドーム内で展示を実施する企業あり(1社)

3.参加機関等

○実動訓練(避難訓練を含む。)

内閣官房、消防庁、警察庁、九州管区警察局、大分県、大分県警察本部、大分市、大分市消防局、自衛隊大分地方協力本部、陸上自衛隊第41普通科連隊、航空自衛隊西部航空方面隊、大分海上保安部、日本赤十字社大分県支部、一般社団法人大分県医師会、大分DMAT、株式会社大宣大分スポーツ公園事業所、株式会社エフ・ジェイエンターテインメント大分支店(パークプレイス大分)

○県民意識高揚展示

大分県、大分市、大分県警察本部、大分市消防局、自衛隊大分地方協力本部、大分地方気象台、大分海上保安部、公益社団法人大分県トラック協会、公益社団法人大分県薬剤師会、一般社団法人大分県LPガス協会、エプソン販売株式会社、櫻護謨株式会社、KDDI株式会社、ソフトバンク株式会社

4.訓練内容

(1)実動訓練(初動対処訓練)

   ア  避難・誘導訓練

           ・大会会場内避難・誘導訓練

           ・大会会場から場外への避難・誘導訓練(大分銀行ドーム → パークプレイス大分)

   イ  救命・救助訓練

           ・患者搬送訓練(人員、車両、航空機)

           ・応急救護所訓練(トリアージ、治療・投薬)

     ウ  NBCR検知・除染訓練

         ・NBCR検知訓練

           ・人員除染及び地域除染訓練

     エ  危険物対処訓練(爆発物処理)

     オ  航空機運行統制訓練

(2)対策本部等訓練

     ア  大分県緊急事態対策本部設置・運営訓練

     イ  大分市緊急事態対策本部設置・運営訓練

     ウ   現地調整所設置・運営訓練

(3)県民意識高揚展示ブース

         自治体、関係機関及び企業による展示(車両展示を含む。)

(4)その他訓練(想定のみ)

     ア  大分駅前でのパブリックビューイング会場での爆発事案対応

     イ  大分銀行ドーム周辺住民避難訓練


海外向けPR動画についてはここをクリックしてください