ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織からさがす > 人権尊重・部落差別解消推進課 > 大分県人権尊重施策基本方針を改定しました

大分県人権尊重施策基本方針を改定しました

印刷用ページを表示する掲載日:2020年4月1日更新

大分県人権尊重施策基本方針を改定しました

 県では「大分県人権尊重社会づくり推進条例」に基づき、条例の目的である人権が尊重される社会づくりを進めるため、「大分県人権尊重施策基本方針」を策定しています。
 今回、人権を取り巻く国際社会、国内、県内の状況の変化や県民意識調査の結果をうけて改定しましたので、お知らせします。
 また、この「基本方針」を具体化するため、令和2年度から令和6年度の実施期間に県が取り組む人権施策を一覧にした「大分県人権尊重施策基本方針実施計画」を併せて策定しました。

基本方針とは

 人権教育・人権啓発など人権意識の高揚を図るための施策、相談・苦情解決など人権侵害の救済に関する施策及び部落差別問題、女性・子どもなど社会的弱者が抱える人権上の課題に対する施策について、県が取るべき事項を定めています。
 平成22年8月に策定し、平成27年4月に改定、今回再度の改定をしました。

基本方針改定の概要

 前回(平成27年)の改定以降、新たに制定された法律や条令、策定等された県の各種計画等の内容を盛り込みました。
 また、性的少数者の人権問題を新たに重要課題の1つに位置づけています。

基本方針本文

全体版

分割版

大分県人権尊重施策基本方針の実施計画

 大分県人権尊重施策基本方針実施計画は、基本方針で示された県が取り組むべき施策の方針を具体化するため、具体的な施策や事業、実施を担当する部局などを一覧にし、可能な限り数値目標を設定し、県の取組状況を見える化したものです。

海外向けPR動画についてはここをクリックしてください