ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織からさがす > 情報政策課 > オープンイノベーションオフィス「S E N Q」パブリックパートナー就任について

オープンイノベーションオフィス「S E N Q」パブリックパートナー就任について

印刷用ページを表示する掲載日:2017年7月13日更新

オープンイノベーションオフィス「SENQ(センク)」のパブリックパートナーに就任しました

大分県では、大分県版第4次産業革命“OITA4.0”への挑戦にあたり、県外企業の活力を呼び込みながら県産業の活力を創出することとしています。

この度、本県は、日本土地建物株式会社(東京都千代田区、代表取締役社長:平松 哲郎)が運営するオープンイノベーションオフィス「SENQ(センク)」のパブリックパートナーに就任しましたのでお知らせします。

今後、“OITA4.0”に取り組むにあたり、「SENQ」との連携により、SENQの持つネットワークを活かしながら、新しいプロジェクトやビジネスの創出、地域の課題解決を推進して参ります。

「SENQ」について

日本土地建物株式会社が平成29年2月から東京都内3拠点(京橋、青山、霞ヶ関)で展開しており、働く場としてのワークプレイス機能に加え、ビジネスマッチング機能、インキュベーション機能を備えたオープンイノベーションオフィスです。

「パブリックパートナー」就任の意義について

「SENQ」会員企業をはじめとする協業候補企業の紹介(ビジネスマッチング)や、「SENQ」におけるイベントの共同開催等により、首都圏の企業等と連携した新しいプロジェクトやビジネスの創出につなげていくことが期待されます。

センクでのイベント開催の様子
(写真)平成29年6月14日、SENQでのイベント開催の様子

大分ラグビー情報についてはここをクリックしてください