ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織からさがす > 地域農業振興課 > 2019年度農薬危害防止運動について

2019年度農薬危害防止運動について

印刷用ページを表示する掲載日:2019年6月17日更新

農薬の適正使用について

2019年度農薬危害防止運動を実施します

大分県では、毎年6月1日から8月31日までを「農薬危害防止運動期間」とし、農業による事故等を防止するため、
毒物劇物営業者、農薬販売者への立入調査やラジオ広告等による啓発活動などの農薬危害防止運動を実施しています。

農薬を使用される方、販売される方は、以下のことに特に気を付けて、農薬の適正使用をお願いします。

1) 土壌くん蒸は必ず被覆し、周囲への拡散防止

2) 住宅地周辺で農薬を散布する時は、事前に周知し、飛散防止を徹底

3) 誤飲を防ぐため、農薬の容器の移し替えは厳禁

4) 農薬の使用前には必ずラベルで作物名・使用方法を確認



また、農薬の使用にあたって、間違えやすい原因と対処方法をまとめた「農薬使用者の皆さんへ」や「農薬使用チェックシート」も御活用ください。

農薬の不適正使用を防止するための基本的な対策 [PDFファイル/726KB]

【別紙1】農薬使用者のみなさんへ [PDFファイル/463KB]

【別紙2】農薬使用チェックシート [PDFファイル/264KB]

実施期間 令和元年6月1日~8月31日

本年度運動テーマ 「農薬を知る。理解する。適正に使う。」


大分ラグビー情報についてはここをクリックしてください