ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織からさがす > 農地活用・集落営農課 > 令和2年産における米の需給調整の取組について

令和2年産における米の需給調整の取組について

印刷用ページを表示する掲載日:2019年12月17日更新

令和2年産おける米の需給調整取組について

 平成30年産から国による米の生産数量目標の配分が廃止され、農業者等が自らの経営判断のもと生産を決めることとなりました。
 大分県農業再生協議会では、米から高収益な作物の転換や米の需給安定を図るため、「令和2年産における米の需給調整の取組方針」を策定し、地域農業再生協議会に「水田の構造改革に向けた目安」を示すこととしました。
 大分県農業再生協議会の協議を経て、「令和2年産における米の需給調整の取組方針」が議決され、市町村別の「水田の構造改革に向けた目安」が決定いたしましたのでお知らせします。
 詳細については、下記のファイルをダウンロードしてご覧ください。

                    記

よりよいウェブサイトを提供するためにみなさまのご意見をお聞かせください。

このページの情報は役に立ちましたか?

このページは見つけやすかったですか?

※1いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
※2ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。


海外向けPR動画についてはここをクリックしてください