ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織からさがす > 森との共生推進室 > 第3,4回鳥獣害対策アドバイザー養成研修会の開催

第3,4回鳥獣害対策アドバイザー養成研修会の開催

印刷用ページを表示する掲載日:2019年9月13日更新

令和元年度 第3・4回大分県鳥獣害対策アドバイザー研修会を開催します

 イノシシ、シカ、サル等の野生鳥獣による農林業被害が深刻化している中で、地域における農林作物の被害防止対策を的確かつ効果的に実施するため、県内各地域における被害防止対策の助言等を行う鳥獣害対策アドバイザーを養成する目的で開催します。

1 日時及び場所

 第1回:令和元年10月16日 10時~15時 竹田市総合社会福祉センター ※竹田市役所横

 第2回:令和元年10月17日 10時~15時 由布市役所 本庁舎(庄内庁舎)                                

※研修会の内容は同じです。なお、午後の研修は会場近くの広場に移動します。

      アドバイザー養成研修開催要領 [PDFファイル/79KB] 

2 内容

  室内研修 講演 「野生動物の行動と生態から分かる被害対策」

         講師 国立研究開発法人 農研機構 西日本農業研究センター 畜産・鳥獣害研究領域

             鳥獣害対策技術グループ グループ長 江口 祐輔 氏

  現地研修 防護柵設置のポイントについて

3 参加対象者及び条件

  農林業者等集落住民、農林業関係団体職員、猟友会、市町村、県等  計80名

4 募集方法

 アドバイザー養成研修会への参加希望者は、住所、氏名(よみがな)及び参加希望日を記載し、郵送またはファクシミリ、メールにより送付してください。

 参加募集期限は、令和元年10月8日(火曜日)必着

 研修会1回あたりの募集人数は、80名

         申し込み様式 [PDFファイル/48KB ]

5 その他

 昼食は各自準備して下さい。


大分ラグビー情報についてはここをクリックしてください