ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織からさがす > 建設政策課 > 土木工事標準歩掛等各種積算基準の改定について

土木工事標準歩掛等各種積算基準の改定について

印刷用ページを表示する掲載日:2018年6月18日更新

最新公表日:平成30年6月18日

 

土木工事標準歩掛等各種積算基準の改定について

 公共事業の積算にあたっては、標準的な工事価格が算定できるよう国土交通省が、実態調査を行い、その結果を反映した各種積算基準を整備しています。
 この度、大分県土木建築部においても、国土交通省の平成30年4月1日時点の各種積算基準及び建設機械等損料算定表に準じてこれを改定しましたのでお知らせします。

  1 適用年月日
    平成30年7月1日以降に起案する工事及び業務委託

  2 主な改正点
    ●土木工事標準歩掛

      1)一般管理費等率の改定
      2)土木工事標準歩掛及び施工パッケージの改定
      3)工事価格の端数処理の改定(10,000円単位から1,000円単位に改定)

    ●設計・調査・測量業務積算基準
      1)標準歩掛の改定
      2)業務価格の端数処理の改定(10,000円単位から1,000円単位に改定)

   (資料)工事価格及び業務価格の端数処理の改定について [PDFファイル/83KB]

※ 各種積算基準の公表については、後日大分県ホームページ内でお知らせします。


大分ラグビー情報についてはここをクリックしてください