ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織からさがす > 工事検査室 > 工事監督基準(平成31年2月一部改訂・平成18年2月制定)

工事監督基準(平成31年2月一部改訂・平成18年2月制定)

印刷用ページを表示する掲載日:2019年2月1日更新

大分県工事監督基準(平成31年2月一部改訂)

【適用時期】
 大分県工事監督基準(平成31年2月一部改訂)は平成31年2月1日以降に起案した工事から適用する。

【主な改訂点】
 1)大分県工事監督基準
    ○ 改訂内容:机上確認が可能な場合の例示と机上確認にあたっての留意事項について追記した。
 2)大分県工事監督基準表
    ○ 改訂内容:建設副産物情報交換システムの移行(平成30年4月1日)に伴うもの。
      ・建設副産物再生資源利用促進計画書
 3)指示・承諾・協議一覧表
    ○ 改訂内容:土木工事共通仕様書の改訂(平成30年10月1日)に伴うもの。
       【共通編】
       設計図書の照査、変更施工計画書、コリンズ、再生資源利用(促進)計画書、架空線等上空施設への接触・切断事故防止対策、下請負人の選定。
      【土木工事共通編】
       工場製作工(共通) 材料確認
      【港湾編】
       材料(土、石材等)、鋼矢板、控鋼矢板
      【道路編】
       道路付属施設工、鋼製橋脚工
      【森林土木編】
       林道工事:側溝工、コルゲートフリューム、法面工

海外向けPR動画についてはここをクリックしてください