ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織からさがす > 会計課 > 大分県豪雨災害義援金・寄附金の募集終了について

大分県豪雨災害義援金・寄附金の募集終了について

印刷用ページを表示する掲載日:2017年12月29日更新

  大分県では平成29年7月に発生した九州北部豪雨の被災者の方々を支援するため、義援金と県の復旧・復興事業に対する寄附金を募集しておりましたが、平成29年12月28日(木曜日)をもって終了いたしました。
  
この間、多くの皆さまから温かいご支援をいただきましたことに、心から感謝申し上げます。
  なお、お預かりした義援金は、配分委員会において決定の上、対象市へ第2次配分までしています。
     http://www.pref.oita.jp/site/bosaiportal/hokubu.html

       <税制上の措置(控除)について>
          寄附金または義援金は、寄附金控除(個人)や損金算入(法人)の取扱いを受けることができます。
          寄附金控除または損金として税申告される場合は、次の2点を添付することで証明書(受領証)にかえることができます。

           ・金融機関で支払った場合の振込票等の控え
           ・下記ファイルを印刷したもの
      大分県豪雨災害義援金・寄附金の募集について [PDFファイル/583KB]

             ※県が発行する「受領証」がなくても、税制上の措置(控除)を受けることができます。

  ※台風18号に係る大分県災害義援金は、平成30年3月30日(金曜日)をもって終了いたしました。
  
この間、多くの皆さまから温かいご支援をいただきましたことに、心から感謝申し上げます。


海外向けPR動画についてはここをクリックしてください