ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 新型コロナウイルスに関するお知らせ

印刷用ページを表示する掲載日:2020年9月18日更新
新着情報

新型コロナウイルスに関するお知らせ

新しい生活様式の日常へ


以下よりお知りになりたい情報のボタンをクリックしてください

  めじろん「選んでね」  重要なお知らせ 検査・患者発生状況 県民の皆様へ 

事業者の皆様へ 医療関係の皆様へ For Foreigners 国の方針・県の方針


▽【動画】めじろんが「新しい生活様式の日常」を絵本形式で紹介します

佐藤さん家族 社会人川野さん 学生後藤さん

▽日々の検査状況等をお知らせしています

県公式ツイッター

インフルエンザ流行期への備えと社会経済活動の再活性化に向けた取組について

インフルエンザ流行期への備えと社会経済活動の再活性化に向けた取組について

 

令和2年9月17日

新型コロナウイルス感染症対策本部

社会経済再活性化緊急推進本部

 

 本県における新型コロナウイルスの感染状況は、散発的となっており、また、9月10日以降、新規感染者は発生していません。国が示した感染状況評価においては、最も切迫度が低い「ステージI」に留めることができています。

 これは、感染拡大防止に向けた県民や事業者の皆様のご理解とご協力によるものであり、あらためて感謝申し上げます。また、現場の最前線で、強い使命感を持って業務に従事していただいている医療関係者の皆様のご尽力に対しましても、心より御礼申し上げます。

 一方、今後、季節性インフルエンザの流行期を迎えることから、離島やへき地なども含め県内全域でインフルエンザと新型コロナ対策を同時に行うことができるよう、検査体制の充実・強化と併せ、かかりつけ医等、身近な医療機関の相談・受診体制の整備を行うことが必要です。

 また、本県における社会経済は、人と人との交流や移動の縮小等により、依然、厳しい状況にあります。そうした中、国においては、今週9月19日からイベント開催制限が緩和されるほか、10月1日からは、Go To Eatキャンペーンが開始されるとともに、Go Toトラベルキャンペーンに東京都が追加される見込みです。本県としても、感染拡大防止を図りながら、社会経済活動の再活性化の取組を進めていく必要があります。

 そのため、次のとおり取組を進めるにあたり、県民や事業者の皆様にも、引き続きご理解とご協力をお願いいたします。

  1 県民や事業者の皆様には、引き続き、入念な手洗いや咳エチケット、マスクの着用をはじめ、ソーシャルディスタンスの確保や3密の回避など、新しい生活様式の徹底をお願いします。また、接触確認アプリ(COCOA)についても、可能な限りインストールしていただくことを併せてお願いします。

   2 季節性インフルエンザの流行期には、1日当たり2千人以上もの検査を要することも想定されます。離島やへき地等の小規模な診療所でも、インフルエンザと新型コロナ対策を同時に行うことができるよう、保健所が技術的な支援を行うなど、県民の皆さんがどこに住んでいても安心して診療・検査を受けることができる体制づくりを加速します。

   3 新型コロナウイルス感染症の拡大により落ち込んだ本県経済を緊急的に再活性化するため、8月27日に策定した「大分県社会経済再活性化戦略」を、民間企業と行政関係者等が一丸となり、迅速に実行に移していきます。今般のイベント開催制限の緩和を受け、大分県では、別紙のとおり取り扱うこととし、芸術・文化やスポーツイベントの活性化を図ってまいります。また、Go To トラベルキャンペーンでは、本県は、旅館ホテルが他県に先駆けて感染防止に取り組み「安心のおもてなし」で迎える体制ができています。お待たせした東京都の皆様にも「新しい旅のエチケット」を実践していただきながら、本県の観光を楽しんでもらいたいと思います。県民の皆様も同様に、各地域の感染状況等にも留意しながら、旅行を楽しんでいただきたいと思います。

検査

検査

インフルエンザ流行期への備えと社会経済活動の再活性化に向けた取組について [PDFファイル]

イベント等の開催について [PDFファイル]

県内主要施設のイベント等の開催について(目安) [PDFファイル]

新型コロナウイルス感染症対策と社会経済活動の再活性化に係る大分県知事と市町村長からのメッセージ

新型コロナウイルス感染症対策と社会経済活動の再活性化に係る

大分県知事と市町村長からのメッセージ

 

 

本県における新型コロナウイルスの感染状況は、現在のところ、新規感染者数、感染経路不明者割合、病床利用率、いずれも国が示した感染状況評価において最も切迫度が低い「ステージI」にあたり、感染者の発生が散発的と言える段階に留めることができています。

改めて、感染拡大防止に向けた住民の皆様のご努力はもとより、最前線で強い使命感を持って業務に従事している医療関係者の皆様のご尽力に対し、心より感謝申し上げます。

他方で、社会や経済が大きなダメージを受けていることも否めません。これからは、感染拡大の防止も図りながら、社会経済活動の再活性化に力を入れ、この2つを両立していくことが極めて重要です。

この課題について、大分県知事と県内18市町村長は、先般、WEB会議で議論をし、次のとおり、今後連携して取り組んでいくことについて認識を共有したところです。住民の皆様には、引き続きご理解とご協力をお願いいたします。

 

 

1 住民や事業者の皆様には、引き続き、入念な手洗いや咳エチケット、マスクの着用をはじめ、ソーシャルディスタンスの確保や3密の回避など、新しい生活様式の徹底をお願いします。また、接触確認アプリ(COCOA)についても、可能な限りインストールしていただくことをあわせてお願いします。

 

2 これまでの経験も踏まえながら、検査体制の更なる拡充、医療提供体制の確保、医療資機材の備蓄等を進め、感染拡大防止対策を徹底します。また、季節性インフルエンザの流行期には1日当たり最大で2千人もの検査を要することも想定されることから、新型コロナとの同時流行を見据えた備えを進めます。

 

3 感染症の拡大により落ち込んだ本県経済を再活性化するため、観光や飲食・小売等商業施策、ワーケーションの推進、農林水産物の流通販売対策、芸術文化やスポーツの振興など地域の実情に応じた対策を講じ、「大分県社会経済再活性化戦略」を迅速かつ確実に実行していきます。

 

4 感染症に関連した誤った情報や不確かな情報に基づく不当な差別、偏見等が見受けられるのは誠に残念です。住民の皆様には、公的機関が発表する正しい情報に基づいて、人権に配慮した適切な行動をお願いします。

 

令和2年9月2日 

 

 

大分県知事    広瀬 勝貞

大分市長     佐藤 樹一郎 

別府市長     長野 恭紘 

中津市長     奥塚 正典 

日田市長     原田 啓介 

佐伯市長     田中 利明 

臼杵市長     中野 五郎 

津久見市長    川野 幸男 

竹田市長     首藤 勝次 

豊後高田市長  佐々木 敏夫 

杵築市長     永松 悟 

宇佐市長     是永 修治 

豊後大野市長  川野 文敏 

由布市長     相馬 尊重 

国東市長     三河 明史 

姫島村長     藤本 昭夫 

日出町長     本田 博文 

九重町長     日野 康志 

玖珠町長     宿利 政和

  上記共同メッセージ [PDFファイル/138KB]

新型コロナウイルス接触確認アプリ「COCOA」をインストールしよう!!!

 厚生労働省は、新型コロナウイルス感染症拡大防止を目的に、新型コロナウイルス接触確認アプリ「COCOA」を開発しました。接触確認アプリは、新型コロナウイルス感染症の感染者と接触した可能性について、通知を受け取ることができる、スマートフォンのアプリです。

 自分をまもり、大切な人をまもり、地域と社会をまもるため、ご自身のスマートフォンにアプリをインストールし、利用いただきますようお願いします。

※詳細については、下記添付の「接触者アプリ(概要)」もしくは、下記外部リンクに記載している厚生労働省のHPからご覧 ください。

検査検査

接触者アプリ(チラシ) [PDFファイル]

接触者アプリ(概要) [PDFファイル]  ⇒ アプリの詳細はコチラ

【外部リンク】

.○新型コロナウイルス接触確認アプリ「COCOA」(厚生労働省)

新型コロナウイルス感染症対策に係る今後の対応について

令和2年8月4日
新型コロナウイルス感染症対策本部

 現在、首都圏のみならず、九州・沖縄地域も含め全国的に感染拡大傾向となっています。本県においても、7月28日に98日ぶりに新規感染者が発生して以降、1週間で10名の患者が確認されました。
 とはいえ、GoToトラベルキャンペーン期間中である直近1週間の新規感染者数は、人口10万人あたり0.88と、全国で12番目、九州で最も低い数値となっています。また、病床利用率についても、3.0%となっており、医療体制がひっ迫している状況にはありません。
 これは、これまでの県民の皆様の感染拡大の防止に向けたご理解とご協力の成果であり、あらためて感謝申し上げます。
 一方、本県における最近の感染例をみると、その要因の殆どは県外での行動や県外の方との接触によるものです。今週末からは、お盆の帰省時期を迎えることから、県民や来県される皆様には以下のことをお願いいたします。

1.県民へのお願い

(1)引き続き、入念な手洗いや咳エチケット、マスクの着用に加え、人と接触する場合には、社会的距離(ソーシャルディスタンス)を確保し、3つの密が重ならないように十分注意するなど、「新しい生活様式」の実践を徹底してください。 

(2)県境を越えた移動については、各地域の感染状況等にも十分留意しながら、臨機に行動してください。 

2.来県される方へのお願い

(1)県外から実家などに帰省される方については、高齢者のいるご家庭もあることから、会食などの際には、対面で座ることや大声でおしゃべりすることのないようにご留意ください。 

(2)旅行で来県される方については、旅館・ホテルにおいては、県と協働で作成した「宿泊施設感染症対策チェックリスト」に基づく感染症対策、飲食店においては、感染症対策をチェックできるサイト「安心はおいしい」の利用によるPOPの掲示等を実施しています。こうした取組にご協力いただいたうえで、旅を楽しんでください。 

3.事業者へのお願い

(1)事業者におかれては、業種ごとに策定された「感染症拡大予防ガイドライン」を踏まえ、適切な対策を徹底して行ってください。

(2)旅館・ホテルにおいては、県と協働で作成した「宿泊施設感染症対策チェックリスト」の活用、飲食店においては、感染症対策をチェックできるサイト「安心はおいしい」の利用によるPOPの掲示等、感染拡大防止対策を徹底してください。 

(3)医療機関や高齢者・障害者施設においては、早期に感染者を確認できるよう、必要に応じて、濃厚接触者に該当しなくても、当該施設におけるPCR検査を速やかに実施するようお願いしているところですが、この点、あらためてご協力をお願いします。

トピックス

▽7月28日(火)更新
知事からのメッセージ

▽7月21日(火)掲載
1

▽新型コロナウイルス感染症に負けず働いている方への応援メッセージを募集中
ありがとうを届けよう

▽たくさんの寄附をいただき、心より感謝申し上げます
寄附を頂きました

▽これからの感染拡大防止には、県民ひとりひとりの心がけが大切です
新しい生活様式を実践しよう

▽様々な支援メニューがありますので、是非ご活用ください
県民事業者支援メニュー 


3密・手洗い・咳エチケットのバナー 
イメージ画像(森)

インフルエンザ流行期への備えと社会経済活動の再活性化に向けた取組について


海外向けPR動画についてはここをクリックしてください